CONSISTENT

一貫

一級建築士事務所による調査だから


ドローンによる赤外線建物外壁調査から


定期報告書作成、特定行政庁への報告まで


一貫して行うことが可能です



建物外壁調査+定期調査

ドローンによる赤外線建物外壁調査から


特定建築物定期報告までを一貫して行うことで


多くの利益が生まれます



低コスト短期間データ管理

建築基準法第12条における特定建築物定期報告制度に対応した


ドローンによる赤外線建物外壁調査

建築物の安全性を確保するために、適法な維持管理が非常に重要です。

建築基準法では、所有者(管理者がある場合は管理者)に維持保全の義務を規定し

一定規模以上の建築物、建築設備、防火設備、昇降機等の所有者等は、

専門知識を有する資格者に定期的に調査・検査させ、その結果を特定行政庁に定期報告する義務があります。

 

中でも、定期報告の対象壁面には、タイル、石張り等(乾式工法によるものを除く)が対象で、

特定建築物を対象に3年毎の「目視及び部分打診調査」と

10余年毎の「全面打診調査」等を行うことを義務付けています。

 

全面打診調査にはテストハンマーなどによる打診と赤外線調査があり、

調査方法は、足場や高所作業車、ゴンドラなどを使用して行い、

人の手によるテストハンマーにより全面打診を行います。

また、赤外線サーモグラフィを用いてタイル面の表面温度を測定し、健全部と浮き部を判断します。

 

低コスト短納期データ管理

BENEFIT

利益

建物外壁調査に赤外線ドローンを使用することで、様々な利点が生まれます

【費用の削減】
足場、ゴンドラを使用した全面打診に比べ、大幅な費用が削減できます。
【診断時間の短縮】
全面打診に比べ、画像解析により短期に診断が可能です。
【建物を傷めない】
建物に非接触のため、外壁に影響を及ぼしません。
【安全に診断】
高所からの転落の危険がなく安全です。
【ばらつきのない調査】
複数の調査員による、客観的な判断が可能です。
【不可視の変化も認識可能】
外側からの目視だけではわからない外壁内側の状況や変化も画像として認識可能です。
【画像記録の保存】
画像データを記録・保存できるので、長期的な変化の比較が可能です。

低コスト短納期データ管理